【夜釣り】最強おすすめヘッドライト‼ゼクサスZX-S700

ヘッドライト ショアソルト

夜釣りをするのに絶対必要になるヘッドライト。

釣具屋さんには様々な灯具が売れれており、高額なヘッドライトになると光量や機能も様々。

商品が店頭に並んでいても、実際に使ってみることができず、購入を迷って、安いヘッドライトを使い続けていませんか?

実は高性能なヘッドライトに変えるだけで、物凄く夜釣りが快適になります。

なぜなら、光量・電球色・便利機能の多いと、移動中・ライン結束中など様々なシーンに合ったライティングが可能になるからです。

この記事では、夜釣りを快適にしてくれるヘッドライト

ZX-S700のレビューを詳しく説明ていきます。

この記事を読むことでZX-S700

  • スペックが分かる
  • 明るさがどれくらいか分かる
  • 電球色の違いが分かる
  • 便利な機能について分かる
  • 他のオススメのヘッドライトが分かる

結論

最大800ルーメンの光量でとにかく明るい。

周囲も照らしやすく、電球色LEDではラインが見やすく、赤色LEDは魚をスレさせない。無段階で光量が調節ができる以外にも多数の便利機能あり。IPX5の高い防水性能を備えた、オススメの1台。

明るさを決めるルーメンとは

ルーメン(lm)とは明るさを示す単位の1つ。
ルーメンは光源から放たれる光の量のことです。

スペック

LED数

SUPER LED白色 2コ・電球色LED2コ・赤色LED2コ

明るさ

540〜800ルーメン

使用電池

単3アルカリ電池3本

重量

総重量は、重さは194g(電池別)

防水性能

IPX5

お店では手に取って確認出来ないと思うので、写真たくさん載せときます。

バンドは頭のサイズに合わせて調整可能。

左側のバックルでワンタッチで外すことが可能。

写真にはありませんが、標準でネックベルトとショルダーベルトに装着できるベルクロベルトが付属しています。

ヘッドライト
ヘッドライト

幅85×高さ40×奥行き40mm かなりコンパクト。

大小のLED合わせて6個搭載!2つの大きなLEDがあるのでかなり明るいです。

明るさについては後述します。

バッテリーパック

幅80×高さ55×奥行き40mm 単3形アルカリ電池×4本挿入するためには、これくらいのサイズが必要です。

コンパクトで軽く、釣りの集中力を途切れさせません。

電池派?バッテリー派?

筆者は電池派

充電するの忘れるタイプ。充電して家に忘れるタイプ。

ランニングコストよりコンビニで、すぐ帰る方が安心です。

明るさ/モード

2つの大きなLEDをつけると驚異の800ルーメン‼

60Wの白熱電球と同レベル‼

視認距離は100%で約200m。

周りに街灯などが無いと、めっちゃ暗いですよね。足元が岩やテトラポッドだと移動に注意が必要です。ZX-S700なら頭に60Wの白熱電球付けているのと一緒。

明るいので移動もラクラク。迷惑なぐらい明るいです。

5つのモードで、様々なシーンに対応。ただ照らすだけではなく、釣り人の安全や釣果アップを助けてくれます。

①白色スポットLED

680ルーメン‼

遠くのモノをしっかり見たい時にオススメ。

筆者は磯までの移動中、ポイントに到着したときの周囲の確認の時に使っています。

②白色ワイドLED

650ルーメン

広角120°と広範囲を照らしてくれます。

人間視野は180-200°。視野の60-67%をカバーしてくれ、夜間のランガンも安心。

SUPER LED同様に、磯までの移動中・ポイントに到着したときの周囲の確認の時に使っています。SUPER LEDで遠くを、WIDE LEDで自分の周囲を照らしたいりして使い分けています。

③白色スポットLED+白色ワイドLED

540ルーメン

あれ?白色スポットLED・白色ワイドLEDよりルーメン落ちてるじゃないか!

と思われるかもしれませんが、驚きの機能が隠されています。

その名も

ブースト10モード

10秒だけ最大出力の800ルーメンで照射できます。

月明かりなし、街頭なしのような、真っ暗なときに使用することがあります。

冗談でも最大出力でライトを人に向けないでください。

④赤色LED

電球

魚がスレない赤ライト!

水面は照らしたくないけど、足元は照らしたい。

そんなユーザーのための機能。

少し明るいだけでも安心感↑↑。筆者は釣り中は常につけています。

⑤電球色LED

手元のラインが見やすい‼

LEDだと明る過ぎて、目が痛くなったりラインが見にくくなります。

電球色だと、ラインがとても見やすく、ストレス無くノットやリーターシステムを組めます。

結束時は必ず使います。温かい色味で目に優しい。人と話す時も電球色LEDに変えたりもします。

白色LEDではPEラインが見にくいし、目が痛くなります。結束した後、暗闇に目がなれるまで時間がかかります。

便利機能

スマートコントロールモード

ボタン長押しで光量を100%-10%に調節可能。

しかも無段階調整。自分の丁度いい明るさに設定できます。たとえば88%とか。

長押しするだけで簡単に出来ます。

メモリー機能

ライトを消して、再点灯時、最後に設定した明るさ(10%-100%)で点灯。

スマートコントロールモードで設定した丁度いい明るさを、再点灯時に再現してくれます。

暗闇に慣れた目の状態で、いきなり100%明るさだと、目がめっちゃ痛くなりますもんね。

安価なものは、光量設定が2段階とか、メモリー機能が無くて、つけるたび設定が必要だったりしますよね。

点灯時間・使用電池

  • 白色スポットLED + 白色ワイドLED:4時間
  • 白色スポットLED or 白色ワイドLEDを10%で使用:38時間
  • 白色スポットLED or 白色ワイドLEDを100%で使用:5時間
  • 電球色LED:7.5時間

防水性能

IPX5

IPX5って、防水性能どれくらい?

保護の程度:いかなる方向からの水の直接噴流によっても有害な影響を 受けない。

テスト方法:3mの距離から全方向に 12.5ℓ/分・30kpaの噴流水、 3分間。

0-8段階中で5。

防水性能は高め‼雨が降っても大丈夫そう。

釣りに使用する電子機器は防水は必須です。

飛沫を浴びる事も多々ありますからね。長く使用するためには防水性能もチェックしましょう。

後部認識灯 

ヘッドライト

OFF・赤・緑・青の3段階。

後から来た来たおっさんに、ここは俺の縄張りだ‼ってアピール出来ます。

一緒に釣りに行った人に見つけてもらいやすい。

ロック機能

移動中のカバンの中で不意にライトが点灯しません。

ヘッドライトの上下の向きは26段階で調整可能

ヘッドライト

人と話す時や移動中に足元をしっかり照らしたい時など、頭の位置と照らしたい向きが違う時にオススメ!

もっと明るいのないのって人にオススメ

ZX-S700より明るいのが良かったり、充電式がいい場合はZX-R730・ZX-R370がオススメ

冨士灯器
¥14,680 (2022/04/16 16:51時点 | Yahooショッピング調べ)

少し光量が落ちて充電式がいい人にはZXR700(650ルーメン)がオススメ

ZX700と間違わないように。それは400ルーメンです。

まとめ

釣りを快適に行う為の、機能が全て入っています。

800ルーメンと光量ありすぎ、電球色も3色、便利機能多数‼

これはホントに買ってよかった。

視界不良は命に関わってくるので、妥協しないことを強くオススメします。

命を守るためのアイテムといえばライフジャケット。

1万円台で購入できる、収納量の多いモデルです。

おすすめコスパ最強ライフジャケット‼DF-6206 (ダイワ)インプレ
このライフジャケットがあればタックルボックス不要‼たくさん収納しても動きやすい‼ランガンに最適‼値段もそこそこ‼コスパ最強のライフジャケットを使用して2年。インプレ・レビューと購入する時に迷ったライフジャケットの事も書こうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました