ダイワのメッセンジャーバッグ(C)が大容量でオススメな件

バッグ ショアソルト

肩掛けバッグで大容量。細かい仕切りは無く、とってもシンプル。

収納量が多いバッグが欲しい方は、選択肢に入れておくべきアイテムです。

道具がたくさん入るだけじゃなく

ルアーが取り出しやすい

バス釣りって、オカッパリでもロッド3本持っていく時もありますよね?そうなると、どうしても道具が多くなりがち。

季節の変わり目って、釣り込んでみないと季節感がつかめないから、いろんなルアーを試す事が多い時期。

道具って多めに必要だったりします。

釣りに行って、必要なルアーがバッグに入ってなかったら凹みますもんね。

大は小を兼ねるで、迷ったら大きいバッグ持って行けば間違いありません。

荷物が多くなりやすい

ソルトウォーターでも大活躍

2-3年使用したインプレを書いて行きます。

こんな方にオススメ! !

  • 現地にルアーをたくさん持っていきたい人
  • 多少、重くても筋力・ヤル気でカバー出来る人
  • 1つのスポットで粘るのでカバンをポイっと地面に置く人
  • カバンを地面に置く時間>投げながら移動な人

2100文字程度の記事になっています。

大容量収納

メイン収納

バッグ

大空間!収納力は圧倒的です。

サイズ感を伝える為に、350☓235☓80と255☓190☓60のケースを入れてみました。

感覚的には、初めてタントに乗ったときのような驚きです。

タックルが増えるとルアーも多く必要になります。

スピニング・バーサタイルロッド・ビッグベイトロッド、、、

こんな組み合わせで釣りいようとすると、メッセンジャーバッグ(C)ぐらいの収納力が丁度いいです。

ボートフィッシングする時にも重宝します。

タックルボックス持っていくの面倒な時、フィールドコンディションが掴めている時などは便利です。

サブ収納

小物類がコレだけの量入ります!

ケースは150☓85☓25と145☓90☓25

ペットボトルホルダー

大容量なので、500mlのペットボトルを内側に入れても邪魔にならないですね。

バッグ ペットボトル

蓋を開けて右側にあります。

内側で邪魔になるなら、ペットボトルホルダーを買ってバッグの外に後付も可能!

前面収納

バッグ

薄いモノが収納しやく、↓これだけ入れても余裕です。

バッグの蓋?についている収納なので、あまりモノを入れすぎると重くなって開閉しにくくなったり、ボコボコするので、薄くて軽めなモノを入れるのがいいと思います。

オススメ便利機能

背面ファスナー

蓋を開けるって、けっこー手間ですよね。

バッグ

カバンのお腹側

ここにファスナーがあるだけで

蓋を開けるストレス0です。

めっちゃ便利ですよ。

このバッグを購入する決め手になったのが

このファスナーです。

蓋開けたらイイじゃんって思われるかもしれませんが、そのひと手間が無いのはホントに楽です

補助ベルト

身体を動かしてもカバンがズレにくい。

ランガン・磯での移動・バッグをつけた状態でキャストもお手の物。

補助ベルトの脱着は簡単出来ます。

左右どちらの肩にかるっても使えます。

サイドベルトループ 

後付の小物を付けることが可能です。

↓私はダイワのロッドホルダーをつけてます。

この位置なら、キャストの邪魔になりません。

このロッドホルダーに刺すだけ!超便利です。

サイドロープ

バッグ

服をかける場所らしいです。まだ使用したことはありません、、、

Dリング

バッグ

肩掛けベルトの付け根、後面(身体に当たる側)の下側に各2つあります。

耐久性

縫い目のホツレなし。生地が裂けたりする事も今の所ありません。

以前は安物のバックを使用していましたが、1年位で縫い目の所や生地が破れました。

けっこう雑に扱ってるんですけどね。さすがダイワ。頑丈です!

デメリット

重い

モノが入りすぎて重い(汗)。メリットなんですけどね。

それだけモノが入るって事ですね。

不安を埋める為に、モノを入れるのでは無く、必要なモノだけバッグに入れてましょう!

小さいバックで機能性を求めるならヒップバックLTがオススメです。

↓↓こちらに詳しく記載しているで、よかったら見てください。

ヒップバッグ LT(C)が釣りバッグの中でランガンにオススメな件
最小限の道具でランガンしたい人にオススメ!ポケットや小物を入れる位置が工夫されていて、小さいサイズ感の割に収納がしっかり出来ます。普段はバス用ですが、エギングやシーバス用としても重宝しています!4-5年使ったインプレを書いていきます。

適当に道具を入れるとゴチャゴチャする

カバンの中

対策ナシだと、こうなります(汗)この状態だと道具を探すのに時間がかかり釣りになりません。

ポーチやプラスチックケースなどを利用すれば、スッキリ収納できます。

普段はこんな感じで使ってます。

カバンの中

ポーチは大開口の方が道具が取り出しやすいです。

ストレートワーム1つ・それ以外のワーム1つで分けて使っています。

ワームを探す時間が激減します。

ポーチ

1回は100均のポーチを試して見ましたが開口が少ないと取り出しにくいです。2回目に使う事はありませんでした。

ポーチ

あと、バッグのデメリットとしては、仕切りがなく素材も柔らかいので、ポーチやケースが移動したり、重たい物や小さい物は下に溜まりやすい点くらいです。

まとめ

迷ったときは、このバッグにブチ込む。そんな事が余裕で出来てしまうほ程、大容量です。

小さいバッグは機動性には優れますが、収納量が少なく、釣り中に、『家に置いてきた、あのルアー今投げたいな、、』なんて事もしばしば、、、

メッセンジャーバッグ(C)なら、そんな事をする事はありません。

バッグが重くなったって、磯釣りに比べれば、これくらいの量は大した事ありません。

好きな道具を好きなだけ持っていて、釣りを楽しみましょう‼

コメント

タイトルとURLをコピーしました